FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『時間』と『長さ』と『2本線』

3月30日(火)天気(晴れ)

昨日、今日とかなり温かくなりましたね。
だんだん春が近づいて来ました!

0330kumo.jpg

26日の教室は動作中の『時間』『距離』を気にして指導を進めてみました。
『時間』『距離』なんていうと算数の時間のようですが…(・・?)

今回の教室は練功十八法(4組)四肢関節の動作を6動作まとめて行いました。
四肢関節は手足の関節(手指・手首・肘・肩&足指・足首・膝・股関節)の8関節です。
この8個の関節が秩序(協調性)を持って動かして行くのが第4組(四肢関節の動作)だと考えています。

大小大きさの違う関節が一緒に(協調性を持って)動くということは
距離が違う動きを時間を合わせるように動かさなくてはいけません。
この関節の協調性が動きのカラダへ負担と表現力に大きく関わると考えています。

動きの速さはその日そのときの状態で変わります。
特に気功のようにゆっくりした動きは呼吸の状態にもかなり左右されます。
呼吸は精神の状態が肉体にあらわされる場所です。
そのことを考えると…
同じ速さを動作の中に作るには反復して練習を行いスキルを獲得することだと思います。

自分の動きに自信を持つことがはじめの一歩に思います。
ただそこでお終いではなく、そこがはじまりということを忘れないことです。
先ほども言いましたがその日その時に同じということはないからです。


あと最近、2本の線の上で練功をするのが、練功するときの『意識のポイント』 になってます。
教室でも2本の線の上で『馬歩を…』『弓歩を…』と指導していますね。

2本の線の上に立って練功をすることで重心が必要以上に片寄らなくなります。
自分の感覚としては不安定な感じを受けますが、動きの中で歪みを取ってくれます。

大小違う『伸ばす』『曲げる』の協調は『時間』『長さ』で出来ています。
その繋がり方で動きの自分が表現されます。

そのことを考えると
練功をするときに自分がどれだけ『単純(シンプル)になれるか!』だけなのかもしれません。




RYOZO

Comment

No title

本間 先生: お早うございます。よっちゃん3 です。

二本の線を意識して動作をする、ということですが、
私は以前から足のつま先の向きを意識しながら動作
をやろうとしておりました。なかなか上手く行かない
のですが、今回のご指示は、それと同一のような気が
しております。つま先をまっすぐにするためには、
そこにあたかも線があるかのように意識すれば良い
訳だと思いました。馬歩をやる時でも、つま先を見て
まっすぐになっていることを確認してからやるように
しております。
ところで、先日千葉の船橋近郊へ出かけたのですが、
震災による液状化現象の影響で歩道や道路上に大量の
砂が露出しており、舗装もはがれているところが多数
見受けられました。東北地方の被害ばかりがクローズ
アップされてますが、千葉県の臨海部の被害も予想
以上であることを実感した次第です。

では、また。

No title

よっちゃん3さん

こんにちは。
2本の線についてですが…
つま先を真っ直ぐにするという目的ではなく
自分としては『2本の線に乗る』といった目的で行っています。
例えるならば、2本の平均台を並べてその上で練功をしている感じです。
このときにつま先のことはあまり重要視していません。
意識しているのは左右の足の裏の体重移動の感じだけですね。
自分的には必要以上の体重移動がなくなり軸がブレなくなり歪みも動きの中で矯正されやすいと考えています。

また機会があれば詳しく話します。

震災は東北地方だけでなくいろいろな所で甚大な被害が出ていますよね。
昨日もニュースで長野の栄村のことをやっていました。
倒壊している家も多く避難所暮らしの人も多いみたいでした。

なかなか全てに目を配るのは大変ことだと思います。


RYOZO
非公開コメント

リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。