FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気功体操の習得手順 ②

2018年3月28日(水)

気功体操の習得手順

① 形の習得
② 呼吸の習得
③ 意識のコントロール
④ 力を抜く
⑤ 生活に活かす

~呼吸の習得~

呼吸の習得は気功体操(練功十八法)中に呼吸を感じ
動作にのせて呼吸が出来るようになることが、「呼吸の習得」になります。

練功十八法を行うとき、基本は号令に合わせて自然に呼吸をします。

練功十八法のゆったりとしたペースに合わせて呼吸をしていると呼吸もゆっくりとなり体もリラックスして来ます。


体質改善(治療目的)の気功体操の場合は奇数の号令で息を吸って、偶数の号令で吐くように行います。

動作を作って行く際(伸ばす・縮める)に呼吸を吸うと体の中の圧が上がり、
弱い細胞が淘汰され、強い細胞だけが残ることで、体は体質改善されて行きます。

しかし動作によっては「奇数で吸い」「偶数で吐く」ことが成立しない場合もあります。

そのときは無理に「奇数で吸い」「偶数で吐く」のではなく、柔軟に自然呼吸で行います。


「形の習得」でも説明しましたが、動作を無意識で行えなければ、動作をしながら自分の呼吸を感じることは出来ません。

呼吸を意識して動作を練習するのは腹式呼吸がスムーズに行えるようになってからです。

胸式呼吸になってしまうと、気が上昇してしまい不安定な気功体操になってしまいます。

不思議なもので動作をやり込んで行く(形の習得)と自然と呼吸も動きに合って来ます。

気付かないうちに、それなりに呼吸も出来るようになっていますので、しつこいようですが形から練習して下さい。

気功体操をはじめて半年から1年が経ち、体が気功体操を覚えたころが、
呼吸を意識して気功体操をする良いタイミングと考えています。


かしまだ練功クラブ

Comment

非公開コメント

リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。