スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとまらないときは…

4月2日(木)天気(晴れ)

明日から雨が続くようで、花見も今日が最後らしいですね。
今年もお花見は出来ませんでした。(泣)

今回の記事の動作はこの前の教室の動作、練功十八法(6-6)『展臂舒胸』ジヤンビイシユウシオンです。
日本語訳は「腕を広げ、胸を張る」ダス!

手を広げ爪先立ちをするという単純な動きの動作ですが、難しい動作ですよね。
私なんて20年練功をやっていて、未だに調子の良いときと悪いときがハッキリと分かる動作です。

いつも言いますが、単純な動作ほど難しくゴマカシが効きません。

①はじめに手(虎口)を重ねて体の中心に腕を上げ、②左右に手を広げます。
(6-6)_____p1.jpg  (6-6)_____p2.jpg
出だしは、腕を斜め45度下からはじめます、写真①の腕の位置あたりから、踵を上げて爪先立ちをはじめます。
なるべく、ゆっくりと踵を上げて行き、踵が最高の高さに上がったときに腕の高さも最高の位置にします。
要は腕の動きと足の動きを合わせるということです。

③腕を上げ左右に開いたら④踵をゆっくりと下しながら元の手の位置に戻します。
(6-6)_____p3.jpg  (6-6)_____p4.jpg
腕を下げるときも、やはり腕の動きと脚の動きを合わせます。

(6-6)は不安定な動作なので、動きを感じて、腕の動きと足首の動きを合わせられるほど余裕のある人はなかなかいないと思います。
実際、私もその一人です。

そこで手と脚の動きを合わせるのに使っているのが呼吸です。
ゆっくりと呼吸して呼吸と(6-6)の動きを合わせることで、腕の動きと脚の動きを合わせることが出来ると思います。

呼吸を意識して、呼吸に動きを乗せることで、動きがまとまります。

(6-6)に限らず呼吸に動きを乗せることで動作がまとまることはよくあります。

動きがしっくりこないときは、呼吸を思い出すのも一つの方法だと思います。


KASHIMMADA RENG-KONG CLUB
 

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。