FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(第3組)まとめ

10月21日(火)天気(雨のち曇り)

先週の台風のあとから、ずっと良い天気が続いていましたが、今日はあいにくの雨ですね。
だいぶ気温も下がって来ましたね。
仕事場では午前中に暖房を着け始めました。

今回の動作は練功十八法(第3組)臀部、脚の6動作でした。

(第3組)のはじめの動作は(3-1)『左右転膝』ヅウォヨウズワンシ
日本語訳は「膝の回転」です。
_____6___p1_20141021153833eee.jpg
「膝の回転」と言いつつ股関節足首の運動でしたね。

(第3組)2番目の動作は(3-2)『仆歩転体』プブズアンテイ
日本語訳は「仆歩にして体を回す」です。
_____6___p2.jpg
曲げている脚にも、伸ばしている脚にも均等に体重が載るように土台を作りに取り組みました。
背骨が伸びて(姿勢をよくして)いないと体が回転しくれませんでした。

(第3組)3番目の動作は(3-3)『俯蹲伸腿』フウトンシエントエイ
日本語訳は「膝を屈伸させ下肢を伸ばす」です。
_____6___p3.jpg
背中の左右バランス足首の柔軟性を作ることで動作が変わりました。
この動作も背骨の状態で、動作のデキが左右される動作ですよね。

(第3組)4番目の動作は(3-4)『扶膝托掌』フウシトウオザン
日本語訳は「膝を支えて手をかざす」です。
_____6___p4.jpg
上肢の関節の「もう一伸ばし」下肢の関節の「もう一下し」で動作の様が全然変わる動作です。
辛いですけど、そこは頑張れば頑張り甲斐のあるところです。

(第3組)5番目の動作は(3-5)『胸前抱膝』シオンチエンパオシ
日本語訳は「胸の前で膝を抱く」です。
_____6___p5.jpg
私の様な手足の短い人には苦手という体型によって向き不向きのある動作ではありますが、膝を中心に持って行くという意識を持つということで動作の効能が変わる動作です。
意識を持って動はかすことは、気功体操の特徴でもありますよね。

(第3組)6番目の動作は(3-6)『雄関漫歩』シオンクワンマンブ
日本語訳は「堂々と歩く」です。
_____6___p6.jpg
今回は動作の流れで出て来るクセでしたよね。
反復練習は大切です。
反復練習でしか直せないこともありますよね。

以上、KASHIMADA RENG-KONG CLUB的 練功十八法(第3組)臀部、脚の6動作でした。


KASHIMADA RENG-KONG CLUB

Comment

非公開コメント

リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。