FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何んで?と…

8月5日(火)天気(晴れ)

毎日暑くて嫌になりますね。

前々回の教室では練功十八法(2-4)『展臂弯腰』ヂヤンピイワンヤオをおこないました。
日本語訳は「腕を広げ腰を曲げる」です。

暑い所為ではありませんが、iPadの操作を間違ってしまい、やる気をなくしてしまい、ブログの記事を載せるのをサボってしまいました。
モデルになって頂いたKさんには申し訳ありませんでした。m(_ _)m
この場を以てお詫びさせて頂きます。

内容的には、しっかりと腕を伸ばさないと、自分の体の中心も見えて来ないし、整いもしませんよ!という内容で書こうと思っていましたが幻となってしまいました。

前回の教室では練功十八法(2-5)『弓歩挿掌』ゴンブチヤザンを行いました。
日本語訳は「弓歩で掌を挿し込む」です。

弓歩をしながら、正面に向いた方向に掌を挿すように出して(緑○→)行くのですが…
(2-5)_____p1.jpg  (2-5)_____p2.jpg

現在の自分の考えとしては、無理に正面に向いた方向の中心に、掌を挿し出さなくても良いのかなと考えます。

(2-5)の動作をする上での土台になる弓歩を作る脚の開き(青← →)と腰を回す(赤←)がしっかりと出来ていれば、自然と差す手は正面中心に行くのではないかと考えます。

逆に正面中心に掌を無理して持って行くと動作中に歪みが出来てしまい、反って体には良くない動作になってしまうと考えられます。

結果的に正面中心に持って行ければ、それがベストな動作ではないでしょうか。

もし正面中心に行かない掌のときあれば、『何んで?』と自分の体を考えて下さい。

正面中心に行かない掌が、自分のコンディションを考えるキッカケになると思います。


KASHIMADA RENG-KONG CLUB

Comment

非公開コメント

リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。