スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は…

12月3日(月)天気(雨のちくもり)

ここのところすっかり寒くなってしまいました。

今回は動作写真を撮ること、忘れていました。m(_ _)m

本来でしたらこんな感じで
(4-1)正面
注意:この写真は以前撮影したもので今回のものではありません。

今回の教室は練功十八法(4-1)『馬歩推掌』マブトウイザンでした。
日本語訳は「馬歩で両手を押しだす」です。

今回の動作は写真の通り(4-1)馬歩推掌でした。

指先から動くか?股関節を落とすことからはじめるか?四肢を使って行う動作は、どこから動かすかで迷います。
※練功をやっていなければ迷うこともないのですが、無意識に使うのは知らないうちに自分の癖で体を酷使してしまい悪くしちゃいますね。

今回の教室では、そのことに触れながら進めようかと考えていましたが、はじめての方や久し振りの方がいて、そこには触れられませんでした。m(_ _)m

体の状態によって教室で出来る内容は変わって来ます。(泣)

今回は体の歪みを矯正しながら動作の向上を見て…、また動作をすることで歪みを矯正して…といった感じで、動きとカラダの変化を見て行く内容になりました。

やっていることは、『肩の力を抜きながら動作をする。』だけのことですが…(笑)

でも、それが体に一番やさしい動かし方なのです。


RYOZO

Comment

No title

本間 先生: お早うございます。よっちゃん3 です。

先週は教室をお休みしてしまい、申し訳ありませんでした。
当日は、渡良瀬遊水地近辺に居りましたが、夜明け前から雨模様となり、
午前中は鳥は来ませんでした。しかし、午後からは晴天になり、目の前の芦原に
沢山のチュウヒやノスリそれにオオタカなどのタカが姿を見せてくれました。
日没まで居りましたが、多くのチュウヒが帰って来るものの、撮影は難しい状況に
なってしまい、午後5時には帰途に着きました。約3時間掛けて漸く自宅へ到着。
とても教室へ行けませんでした。
さて、今回の動作ですが、肩の力を抜いて腕を前に突き出すだけだと思うのですが、
その前に背中に力が入っているように思います。不通にマーブーをすれば、こうは
ならないはずなのですが、この動作の時には肩の方の意識が行ってしまうためか、
どうも背中がこわばっているような気がしてなりません。なかなか上達しませんね。

では、また。

No title

よっちゃん3さん
こんにちは。
遠征は1日中雨でなくて良かったですね。

その前に背中に力が入っているように…とのことですが
肩に力が入るのも、背中に力が入るのも、基本土台の脚が弱くなって来ると起ります。
取り敢えずは脚力ですね。

テーマはどんなときでも同じ馬歩が理想です。

では、教室で

本間
非公開コメント

リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。