FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときどきは

11月22日(木)天気(晴れ)

寒いですね!

今回の教室は練功十八法(3-6)『雄関漫歩』シオンクワンマンブでした。
日本語訳は「堂々と歩く」です。

片脚を馬歩(マブ)のように曲げてもう一つの片脚は伸ばす『虚歩(シブ)』を中心とした動作です。
教室でも説明したように脚の動きに虚と実が存在し虚の中に実が在り、実の中にも虚があるということを教えてくれる動作です。

(3-6)5.jpg (3-6)6.jpg

この2つの虚歩をしている写真はエクササイズをする前とした後の虚歩の写真です。
エクササイズをすることで腰が緩んで動作にこのような変化が生まれたと考えられます。

動きが変化をすることで健康状態も変わって来るのですが、教室で体の変化を見ているのは体の状態が良くなったのか悪くなったのかを見ている訳ではありません。

変化そのものを見ているだけです。

師匠のY先生が体のチェックに対して良く言われていたのは「ここでは体の良い悪いを診るのではなく、体がどう変化したかを見ることで感性を養って行くのですよ!」でした。

※最近、ブログがY先生の回顧録になっていますね…(汗)

『感性を養う』ために体のチェックを行っているので、歪みが良くなった悪くなったは、ここでは関係ないのです。

_____(3-6)_p1.jpg _____(3-6)_p2.jpg

この写真は教室のはじめと教室の最後に撮った写真です。
変化は分かりますが、何が良くなったのかなんて本当のところは本人のIさんにしか分かりませんよね。

動作を見た人は良い悪いの評価は付けずに見たままを伝えて下さい。

今回は参加者が少なかったこともありはじめと終わりにiPadで撮影しました。

『写真』って真を写すと書くだけあってそのままの状態が分かりますよね。

ときどきは写真を撮るのも良いな!!と思いました。

(3-6)3.jpg (3-6)4.jpg
「はじめより…なった!」と言いたいところですが、「だいぶ体がまっすぐになりました。背中も広がった感じです。」が良いですね。

RYOZO

Comment

No title

本間 先生: お早うございます。よっちゃん3 です。

今回は、写真で自分の後ろ姿を確認できて、大変参考になりました。
いつも、皆さんから口頭でいろいろと指摘されるのですが、本人は
実際にどうなっているのか、本当のところは良く分かっておりません。
そんなものかな、と半信半疑でコメントを聞いている訳です。しかし、
こうして写真で示していただけると、なるほど、こういう点を指摘されて
いるのだ、とすぐに理解できました。人数の関係でいつもこうして写真
を撮ることは不可能かもしれませんが、たまにやっていただけると
ありがたいと思いました。

では、また。
非公開コメント

リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。