FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事なことは…

9月19日(水)天気(雨のちくもり)

ハッキリしない天気が続いていますね。

湿度も高くジメジメして不快な日が続きます。

最近、下丹田に力が入らなくなっている人をよく見掛けます。

たぶん、体がだる~い。おも~い。といった感じなのではないかと思います。
そういう私もだる~い。おも~い。の毎日です。(笑)

中から外から冷やし過ぎちゃっている所為ではないかと思います。

冷たいもの取り過ぎかな?

お腹と足は冷やさないようにした方が良さそうですね!

教室でも最近は、そのことを心掛けて指導をしています。



今回の教室動作は、練功十八法(2-5)『弓歩挿掌』ゴンブチヤザアンでした。
日本語訳は「弓歩で掌を挿し込む」です。

この動作ほど自分の今の状況(レベル)がよく観える動作はないな!と思いました。

(2-5)1.jpg

今回の教室では体幹を意識(中心と外側の自覚)してもらったところで(2-5)の確認をして終わってしまいましたが、そのあとに手の指先、肘の方向と足裏の体重の載せ方で腰(体幹)を回して行きます。

(2-5)2.jpg

この手足の指先、肘、膝の方向が体幹の動きを作って行きます。

左右のバランスが取れた動きが体を整えるためには必要になります。

(2-5)3.jpg

写真は前傾になっている(2-5)です。

は私の主観ですが、動作中の力(意識)の大きさを表してみました。

前への力(意識)が大きいために前傾になります。
※少し大袈裟にしちゃいましたが…m(_ _)m

私が今ここで思う理想の配分は下肢6上肢4で左右は5:5(均等)じゃないかと考えます。

上肢の意識を大きくすると名前のとおり「掌を前に向かって挿す」ので、前に意識がいって前傾になってしまいます。

股関節を左右均等(5:5)に開く意識を強く持って(6)、掌と肘で腰を回す(4)が良いのではないかと思います。

あと回転をもどすときは、中心からもどすことが大切です。

内側と外側の力(意識)の使い分けが大切なので、下肢6、上肢4だと想像(妄想)しています。


人によって配分は違います。

だって感覚ですから、内側と外側の力の方向の切り替えができれば1:9でも3:7でもOKです。

大事なのは左右の体のバランスが取れることと腰を痛めないで回転させて戻せることですから


RYOZO


【お知らせ】

9月の教室
土曜日教室 9月8日・15日・25日 カトリック鹿島田教会(午後7時~8時30分)

日曜日教室 9月23日 幸スポーツセンター:第1・2研修室(午後2時00分~16時00分)
『ボール・ドレナージュ講習会』下記詳細
※22日(土)の教室は23日(日)が振替教室になります。

教室オリジナル練功十八法音楽CD発売中!!
『練功十八法(前段・後段)をするための音楽』定価\4,000
(問い合わせはHPから)

『ボール・ドレナージュ講習会』
【日時】9月23日(日)14:00~16:00
【場所】幸スポーツセンター(第1、2研修室)
【参加費】3,000円(非会員参加可能)

※参加の方はギムニボールを持参して、ご参加下さい。





Comment

非公開コメント

リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。