FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然な流れ

7月30日(土)天気(雨のち曇りのち雨)

お天気のはっきりしない日が続きますね。
新潟や福島の方は大雨で被害も甚大ですね。

今日、車のタイヤを新しいヤツに交換しました。
新しいタイヤはイイですね!
自分の運転を感じることが出来て、運転していても楽しいです。

今回の動作は練功十八法(1-3)シュアンショウシェンヂャン
日本語訳は「両手を伸ばす」です。

今回の教室の準備をしているときは「上と下に伸ばして行く状況をどんな風に表現したらイイのかなぁ~?」
なんてイロイロ考えていましたが…

結局は「自分のカラダを感じられなければ何もはじまらないよなぁ~!」と思い
カラダの緩みつくりを中心に教室を進めちゃいました。

カラダが緊張していると自分の状態は感じられません。

タイヤの話と同じように自分に自分の感覚が伝わって来ると楽しいものです。

私的には上から下に流れる気の流れは自然の流れなので、
自分に緊張がなければスムーズに流れていると考えてイイと思っています。

下から上へのエネルギーの方向は自分が意識してつくるエネルギーの流れだと考えられます。

上から下へのエネルギーの流れはそのときのカラダの状態(歪みなど)との関係が強いと考えられます。

また下から上へのエネルギーの流れはそのときの精神状態(気持ちなど)との関係が深いのかな~と考えられます。

たぶん、陰陽マークの割合くらいでカラダと精神の関係がお互いの流れに入っているのだとは思いますが…

私の経験上、今回の(1-3)のような単純な動作ほど『奥が深い感覚(気付き)』を得ることが多いです。

でも、感じていないと見過ごします。

私的には上から下への流れをいつも自然にしておくことが、感じる秘けつに思います。

タイヤの方は溝がちゃんと有って、ゴムが柔らかいことが運転、路面を感じる条件なんでしょうね。

なんでも感じる為には状態を良くしておかなくては感じられないということなんでしょう。

言い換えれば、状態が悪いと楽しくないということにもなりますね!

201106251834000.jpg
写真は最近、教室に持って行っている石たちです。



RYOZO










スポンサーサイト
リンク
プロフィール

Ryozo

Author:Ryozo
かしまだ練功クラブ 指導員
練功歴 25年
練功指導歴 21年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。